ブログ「宿主のひとりごと」

ブログ「宿主のひとりごと」ブログ「宿主のひとりごと」

2023/08/31 宿主のひとりごと 令和5年8月 new

 7月の下旬にとある飲み会を企画し開催しました。

この会は、以前上山温泉旅館組合の事務局長を長く務めた方が退職してから、その方を励ます意味で退職後数回開催されてきたものです。

コロナの影響で3年間開催がありませんでしたので、久しぶりとなりました。

この会のメンバーは、私が有馬館で旅館の仕事を始めたころからのお付き合いの方々で、旅館をしている人より、旅館と関係ない方の方が多い会になります。

以前は旅館をしていたわけですが、それぞれの理由で旅館から離れた方が多い会になります。

ですから、旅館の話はほとんどしないし、今では商売上の繋がりも何もないので、それぞれが気を遣う必要がない会になります。

30年も40年も前の話をしながらの会になりましたが、いろんな話で盛り上がりました。

一番盛り上がったのは旅行に行った時の話でした。

当時旅館組合では4月上旬と8月下旬の年2回毎年旅行をしていました。

そのために毎月積み立てをして旅行費用を用意していましたし、当時は団体の配宿や様々事業も実施していましたので、積立の他にも結構お金がありました。

今考えると本当にいい時代でした。

ですから、旅行では大変贅沢な思いをさせてもらいました。

また、その旅行ではアクシデントもつきもので、宴会場の舞台から落ちてしまった人とか、バスガイドさんをからかい過ぎて、一切のガイドを拒否されたこととか、話題は尽きませんでした。

そんな中でも那須温泉に行った時の話が一番盛り上がりました。

その当時ジェットコースターに乗ってみたいという意見が多く、那須ハイランドパークという遊園地に行くことになり、3種類のジェットコースターを制覇するということになったのです。

3種類のことは、私以外の人がそれぞれの思い出を話されていました。

私は上山市にあるリナ・ワールドでさえ乗ったことのないのに、乗れるわけがない、いや、絶対乗らないと園内を逃げ回っていました。

何せ高所恐怖症の私ですから、お金をもらっても乗りたくないと思っていました。

皆さんはその事を知っていましたので、何とか私を乗せようと考えていたらしいのです。

私は園内をあちこち逃げ回っていましたが、そろそろ帰る時間が近づいてきた頃、とうとう捕まってしまい乗る羽目になりました。

それも一番前で、真っ逆さまに落ちていくヤツで、生きた心地がしませんでした。

生涯最初で最後のジェットコースターでした。

その怖がる様子を皆さんが楽しんでいましたが、宿に着いてお風呂に行って鏡を見たら、両肩に真っ青なアザが出来ていました。

無意識のうちにジェットコースターの安全バーに、力いっぱいしがみついていたらしく、それで出来たアザでした。

その事をいまだに皆さん覚えているのにはビックリしました。

 そんな話をしながら約3時間、あっという間の時間でした。

「次回はいつにする?」なんていう冗談も出るくらいでした。

何のしがらみもないと、こんなにも楽しいものなのかとつくづく実感する時間でした。

こんな会ばかりだといいのですが・・何かしら気を遣う会合が多く、中々楽しめない時間は長く感じますね。

まだまだ暑い日が続きますが、暑くでも、できるだけ冷たいものを口にしないでいると、体調には良いと聞きました。ご自愛ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お部屋食と温泉貸切風呂
くつろぎの宿 有馬館 
館主 須藤 信晴