ブログ「宿主のひとりごと」

ブログ「宿主のひとりごと」ブログ「宿主のひとりごと」

2021/05/29 宿主のひとりごと 令和3年5月 new

 第1回目の新型コロナウィルスのワクチン接種を89歳の母を連れて一緒に受けてきました。

母は少し足が悪く、立ったり座ったりがある場合が大変だし、上山市は集団接種なので会場は上山市体育文化センターで、大きな施設なので駐車場からの距離もあるため、母を車いすに乗せて行くことにしました。

65歳以上の高齢者を対象としているため、当然のことながら会場は高齢者ばかりです。

入口で案内係の方から何時からの接種なのかを聞かれ番号札を受け取りました。

私に「付き添いですか?」と、聞かれたのがちょっと嬉しく思う単純な私です。笑

明らかに高齢者とみなされなかったことに少しホッとしたりしています。

番号札を受け取り接種の時間が近づくと、受付近くの椅子に集合を促され座って順番を待ちます。

問診票に記入漏れがないか、接種券と予約券の確認をして待ちます。

 いよいよ順番が来て接種するレーンに行き、まず問診票の確認をします。

問題がないことを確認後、3人の医師の方がいる前で待ち、すぐに順番がきて接種しました。

「思ったよりも痛くない」というのが正直な感想です。

母も「痛くない」と言っていました。

その後きっちり15分後の時間を書いた紙をもらい、激しい副反応がないか専用の部屋で待ちます。

接種開始からその待機が終了するまで約45分という時間でした。

 接種した当日は何の副反応もありませんでしたが、翌日から2日間くらい腕が痛くなり、その場所だけ熱を帯びているようでした。

腕立て伏せができないくらいの感じです。

その後は何ともなくなりました。

もう1回受けることになりますが、少しホッとしている今日この頃です。

最後までお読みいただきありがとうございます。


展望露天の湯 有馬館
館主 須藤 信晴