かみのやま温泉 展望露天の湯 有馬館

宿主のひとりごと宿主のひとりごと

有馬館情報

宿主のひとりごと H29年12月

2017/12/25

今月上旬に台湾において、東北を売り込む商談会があり、参加させていただきました。

大変たくさんの旅行業者の方と面談および商談ができたと思います。

台北市内に宿泊しましたが、早朝のウォーキングを日課にしていますので、まだ人の少ない台北市内をウォーキングしました。

ご存知の方も多いと思いますが、台北市内は碁盤の目のようになっており、解りやすい街並みです。

の、つもりで歩きだし、大きな通りを30分くらい歩いて、Uターンすれば、絶対迷わないはずと思い、あまり周りも気にせずに歩いてました。

そして、30分ほどしたのでUターンしましたが、その後40分も歩いても、元の場所に戻らないどころか、携帯の地図を見たら、とんでもない方向に歩いていたらしく、ホテルに戻るには、あと1時間くらいかかりそうな距離におりました。

これは大変と思いタクシーに乗車しましたが、英語が通じず、勿論日本語も通じず、ホテルのカードキーを提示しても英語しか書いておらず、携帯の地図でようやく理解してもらい、ホテルにたどり着きました。

後で確認したら、真っ直ぐに見えて交差点で大きくカーブしている道路があり、そこをカーブに添って進行してしまったためとんでもない方向に進んでいたようでした。

今後、知らない土地では気をつけたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

展望露天の湯 有馬館
館主 須藤 信晴

« 前へ『宿主のひとりごと H29年11月』
『宿主のひとりごと H30年1月』次へ »

 

TOP
検索