かみのやま温泉 展望露天の湯 有馬館

有馬館情報有馬館情報

有馬館情報

宿主のひとりごと H29年8月

2017/08/28

7月下旬と8月上旬のほんの一週間くらいの間で、昨年嫁に行った娘二人が相次いで出産しました。

予定日がほぼ一緒のようだということは知らされていましたので、覚悟はしてましたが、うまい具合に一週間離れてくれたので、まずは一安心しました。

私にとっては初孫ということになりますが、父と母にとっては初ひ孫ということになり、私達以上に喜んでくれました。

また、嬉しいことに女の子と男の子と、これまたちょうど良く生まれてくれて、本当に嬉しい限りです。

よく世間では嫁に出した娘の子供は、特に「めんごい」と言われているのが解ります。

生まれてすぐでもズケズケと病室に行けるし、授乳を始めてもなんの気がねもいらないし、泣いたりおしっこしたり、笑ったような顔をしたり、いろんな表情を見れるのも、自分の血の繋がった娘の子だからこそからかなぁぁと思います。

これが息子の嫁さんであれば、いくら家族とはいえこうはいかないだろうなぁぁと思うのです。

なにはともあれ、娘たちが愛する人と結婚して子供ができて、母子ともに健康で、すくすく育っている孫がいるこの一瞬一瞬に、心から感謝して、これからの人生を歩みたいと心からそう思います。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

展望露天の湯 有馬館
館主 須藤 信晴

« 前へ『宿主のひとりごと H29年7月』

 

TOP
検索