かみのやま温泉 展望露天の湯 有馬館

有馬館情報有馬館情報

有馬館情報

宿主のひとりごと H28年12月

2016/12/27

先日生まれて初めて会津若松駅前で「二郎ラーメン」というものを食べま
した。

「二郎ラーメン」というとニンニク増し増し、もやし増し増しという言葉を
思い浮かべる方も多いと思います。

正直なところ仙台にある「二郎ラーメン」は、いっつも混んでいて、長蛇の
列というイメージでした。

あの長蛇の列を見てしまうと、そこまで並んで食べなくても・・・
と、思っていて、まさか会津若松で食べることになるとは思ってもいません
でした。

会津若松の駅の近くでインバウンド関係のセミナーがあり、どうしても受け
たいと思っていたセミナーなので、結構遠いし時間がかかるのですが、行き
ました。

電車の時間の都合で11時30分ころ着いたので、お昼を取ろうと思って道
を歩きだしたら、あの黄色い「二郎ラーメン」の看板が見えて行くことにし
ました。

開店したばかりの感じでしたが、カウンターがチラホラ空いてて、すぐ座れ
ました。

その前に食券を買うのですが、結構いろんな種類があり、買うのに迷いなが
らなんとか買えました。

しかしそれからが問題で、間もなく出来上がろうという時に「ニンニク入れ
ますか?」と聞いてきてました。

ほとんどの人が「ニンニク増し増し、もやし増し増し」と注文してました。

えっ??ここで要らないとか言えるのかなぁぁと不安になっていましたが、
「全部普通で」という人もいれば、「ニンニク無しで」という人もいました。

15分くらい待ったでしょうか、「ニンニク入れますか」と聞かれ
「無しでお願いします」と言って注文完了しました。

しかし、もやしの量が半端なく多く、麺も極太でボリュームがあり、何とい
ってもチャーシューのボリュームがすごかった。

普通盛りならスープまで飲み干す主義ですが、残念ながら飲み干せなかった。
もやしも少し残しました。

ごめんなさーーーい「二郎ラーメン」

最後までお読みいただきありがとうございました。

展望露天の湯 有馬館
館主 須藤 信晴

« 前へ『宿主のひとりごと H28年11月』
『宿主のひとりごと H29年1月』次へ »

 

TOP
検索